/

この記事は会員限定です

釧路歓楽街に対策協

風評被害などで連携

[有料会員限定]

北海道釧路市の繁華街のビルオーナーらは24日、「歓楽街コロナ対策連絡協議会」を発足した。協議会会長を務める五明正吉氏は日本経済新聞社のインタビューで「地域の風評被害を防ぐため、最終的には感染者の出たテナント名を公表する体制をつくる」と話した。

市内のある酒販店では10月の繁華街のホテル向け出荷額が前年同月から半減した。協議会は釧路市や他のビルオーナーと調整し、12月下旬の例会で感染者の出たテナント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン