/

この記事は会員限定です

医療広告、断定や曖昧さ要注意

中川恵一

[有料会員限定]

一般的に、価格が上がるほど、商品の価値も高くなります。しかし、日本の医療制度では、個人の支払額が高い医療行為には疑問を持つ必要があります。わが国が誇る国民皆保険制度では、科学的に有効性が示されている医療行為は保険の適用となるからです。

「最善・最良の治療」を意味する「標準治療」は基本的には健康保険が利きますから、保険の対象外の自由診療に手を出す必要はまずありません。

しかし、ほとんどの免疫細胞療法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り659文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン