/

この記事は会員限定です

著作物の二次利用 権利者の許諾が原則必要

[有料会員限定]

▽…著作権法は小説や絵画、音楽、写真、彫刻など作り手が「思想または感情を創作的に表現したもの」を著作物と定める。特許権や商標権と異なり国に登録をしなくても創作した時点で発生する。権利者である個人や企業に複製や出版、上映などの権利がある。過去のテレビ番組のデジタル配信やグッズ販売など二次的な利用をするには原則として権利者の許諾が要る。

▽…二次利用する場合は主に、管理を委託された分野ごとの著作権管理団...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません