/

この記事は会員限定です

ハイブリッド型授業「新常態」の主流に

[有料会員限定]

文部科学省が「対面授業の割合が半分未満の大学名を公表する」という趣旨の発表をしたのは10月中旬。対面に踏み切る大学のなかには、これが圧力になる可能性もある。だが、肝心なのは50%未満か以上かという一律の線引きではなく、各大学が明確な方針を打ち出すことだ。

各大学は春学期に非対面(オンライン)を余儀なくされたことで、両方の長所、短所を体感できた。オンラインには「自分のペースで学べる」「質問しやすい」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り235文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン