/

この記事は会員限定です

都、時短営業要請基準策定へ

重症者数を目安に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染防止策として、東京都が居酒屋などに営業時間の短縮を求める際の基準を策定することが24日、分かった。重症者数を参考値として使い、「50人」や「75人」を目安とする案が出ているという。

都内では現在、重症者用の病床を300を目標に増やしており、23日時点の重症者は41人となっている。

都内では11月に入って感染者が急速に増加し、19日に感染状況の警戒レベルを4段階のうち最も深刻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン