/

この記事は会員限定です

自決現場に刀傷 今も

三島由紀夫 没後50年

[有料会員限定]

1970年11月25日に作家、三島由紀夫(当時45)が割腹自殺してから50年。東京・市谷の防衛省に移築された現場の建物には三島らによる刀傷が今も残り、昭和史に刻まれた事件の異様さを伝える。

三島が陸上自衛隊の益田兼利東部方面総監(当時57)を監禁し割腹したのは、陸自市ケ谷駐屯地の「1号館」と呼ばれていた建物。旧防衛庁がこの場所に移転してきたことに伴い、中央がタワーのデザインはそのままに3階建てを2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン