/

この記事は会員限定です

イケア、自宅外受け取り拠点3倍

提携先の倉庫活用

[有料会員限定]

電子商取引(EC)で注文した商品を、自宅以外の場所で受け取れる仕組みが相次いでいる。スウェーデン家具大手イケアは、日本国内で店舗以外の専用受け取り拠点を2023年中に現在の3倍の16カ所以上に増やす。生活雑貨から家具まで引き渡す。物流費の高騰や運転手不足が深刻なほか足元の物価高もあり、配送料を抑えたサービスの需要が高まっている。

イケアの日本法人、イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は5日、群馬県と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り409文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません