/

この記事は会員限定です

(大相撲)貴景勝、2度目優勝 十一月場所千秋楽

決定戦で照ノ富士下す 原点の突き押し、本領

[有料会員限定]

一人大関の貴景勝が13勝2敗で並んだ小結照ノ富士を優勝決定戦で下し、2018年九州場所以来11場所ぶり2度目の優勝を果たした。大関の優勝は17年初場所の稀勢の里以来22場所ぶり。貴景勝は来年1月の初場所で綱とりに挑む。

負け越しが決まっていた関脇御嶽海は平幕宝富士を突き落とし、7勝8敗で終えた。新関脇隆の勝は平幕栃ノ心にはたき込みで敗れ8勝7敗。小結高安は玉鷲を寄り切りで下して勝ち越した。

志摩ノ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン