/

この記事は会員限定です

ファーウェイ、「腕時計」シフト 背景に半導体調達難

スマートウオッチ日本で約15機種

[有料会員限定]

スマートウオッチの日本市場で、華為技術(ファーウェイ)など中国勢が攻勢を強めている。米アップルと比べると値ごろ感のある商品で品ぞろえを充実。新型コロナウイルス下の健康意識の高まりで成長した市場を取り込む。米国がスマートフォンに使う先端半導体の対中輸出を制限している背景もあり、日本ではスマートウオッチに軸足を移しつつある。

ファーウェイ・ジャパン(東京・千代田)は、ビジネス用途向けに丸い腕時計型の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1335文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません