/

この記事は会員限定です

(プロ野球・日本シリーズ)白球はかなたに ラジオの興奮をもう一度

[有料会員限定]

この小コラムは新型コロナウイルスの関係で、現地に入らず、リモート取材となる記者が、タイトル通り、白球を"遠目"に見て書いている。

どうせ生で見られないなら、とラジオを聴いてみた。二回のソフトバンク・栗原の先制2ランのとき、実況は冷静に「ライトに上がった」と言った。上がりすぎ、と見える打球だったのだろうか。

五回巨人・中島の一打にはドキドキした。「レフト、フェンスいっぱい、ジャンプ、捕った」。よどみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン