/

この記事は会員限定です

次期米大統領首席補佐官に内定 ロン・クレイン氏

危機対応力に評価

[有料会員限定]

米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領がホワイトハウスの要となる大統領首席補佐官への起用を決めた。首都ワシントンでの政治経験が長く官僚機構にも精通するバイデン氏の右腕は、新型コロナウイルスと経済を巡る危機からの脱却に挑む。

2014年、エボラ出血熱への対応を指揮する調整官に就いた。公衆衛生の専門家ではないクレイン氏の起用は、縦割りの省庁や各州との連携を深める狙いだった。流行地域の西アフリカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り298文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン