/

この記事は会員限定です

有力スタートアップ50社、女性役員6%どまり

本社調査、投資家は登用促す

[有料会員限定]

スタートアップ企業で女性の経営参画が遅れている。国内の未上場で企業価値の大きい50社に聞いたところ、役員の女性比率は6.3%と、多様化が遅れる国内上場企業と同程度にとどまった。政府目標には遠く、新興企業で女性が活躍しやすい環境づくりが急務だ。女性起業家により多くの資金を振り向ける投資家も出てきた。

日本経済新聞社による「NEXTユニコーン調査」(2019年)で推計企業価値が100億円を超えた未上場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン