/

この記事は会員限定です

三菱電機、取引先口座8600件流出

不正アクセスで 昨年にも被害

[有料会員限定]

企業へのサイバー攻撃の脅威が高まっている。三菱電機は20日、同社が使用しているクラウドサービスに対して外部から不正アクセスがあり、国内の取引先の銀行口座など8635件が流出したと発表した。ゲーム大手カプコンも2日にサイバー攻撃を受けた影響の拡大が懸念されている。

三菱電機によると、契約しているクラウドサービスに通常と異なるアクセスがあったことを16日に把握した。取引先の名前や住所、金融機関口座などの情報流出が判明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン