/

この記事は会員限定です

(政策を聞く〈不妊治療〉)実態把握し有効な手を

立民・衆院議員 山川百合子氏

[有料会員限定]

最近は男性を含め20~30代など比較的若い世代で悩む人が増えている。治療費は1回あたり数十万円と高額になることが多い。保険適用になれば経済的負担の軽減につながる。前に進めるべき政策だ。

私自身が不妊治療の当事者であり、悩む人の多さに改めて気づく。

未承認の薬剤や機器を使う場合も多く、一部の治療法を認めても個人負担は減らない。現在は保険外の治療法や薬を使う自由診療を併用すると、保険診療部分も含め全額...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン