/

この記事は会員限定です

ニコン、インテル集中がリスクに

カメラ不振で人員減 半導体構造変化、製造装置に波及

[有料会員限定]

ニコンがグループ全体の1割にあたる2千人の人員削減に乗り出す。稼ぎ頭だったカメラ事業の低迷が主因だが、背景には主力の一つの半導体製造装置の主要顧客である米インテルの不振がある。かつて半導体装置の世界シェア首位だったニコンだが今や7%ほど。米エヌビディアが時価総額でインテルを抜く半導体業界の構造変化の影響が出始めている。

「ニコンが半導体関連の製品で安値攻勢をかけている」。最近、業界でこんな話がさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン