/

この記事は会員限定です

医療逼迫回避 自治体探る

在宅軽症者に食料宅配、重症者向けに病棟整備 病床を有効活用

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、各自治体が自宅療養する軽症者の支援に乗り出している。外出できない自宅療養者のための食品や生活必需品の宅配が柱だ。軽症者は自宅や宿泊療養へ、中等症・重症者は入院へと振り分けることで、第1、2波の際に起きた医療体制の逼迫を避ける狙いがある。1面参照)

厚生労働省によると、新型コロナに感染しても、入院やホテルなどの宿泊療養施設に入らず、自宅療養する人は18日時点で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン