/

この記事は会員限定です

インフルと同時流行懸念 指定医療機関の確保急ぐ

[有料会員限定]

北関東3県の新型コロナに対応した医療体制は逼迫を免れている。感染が急増した茨城でも病床稼働率は19日時点で36%。県が4段階で定めた指針で、リスク度が2番目に低い「ステージ2」にとどまっている。

第1波に比べて重症化リスクの高い高齢者の感染が減り、比較的短期間で退院・退所する軽症患者が多いことが背景にある。栃木の病床稼働率は19日時点で13%、群馬は同日時点で10%だ。

ただ、冬場は症状から見分け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン