/

この記事は会員限定です

じもとHD、赤字30億円 今期最終

資本提携のSBIが35億円出資 金融ノウハウ取り込む

[有料会員限定]

じもとホールディングス(HD)は20日、SBIホールディングスと資本業務提携すると正式発表した。有価証券の評価損で2021年3月期は30億円の最終赤字になる見通し。新型コロナウイルスの影響もあり、SBIから35億円の出資を受け入れ財務体質を改善するとともに、最新の金融ノウハウを取り入れる。

両社は同日午後、山形市と仙台市でそれぞれ記者会見した。きらやか銀行本店で同行頭取を兼務するじもとHDの粟野学社長は「提携で収益力は抜群に高まる」と説明。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン