/

この記事は会員限定です

(社説)憲法論議をもっと活発に

[有料会員限定]

衆院憲法審査会が19日に開催され、憲法改正に必要な国民投票のあり方などをめぐり、意見交換した。菅義偉内閣が召集した初めての国会で、与野党が同じ土俵にあがったことを評価したい。改憲と護憲という立場に固執せず、まずは幅広く闊達に話し合う環境づくりに努めるべきだ。

国会における憲法論議はここ数年、極めて停滞している。2017年に当時の安倍晋三首相が「20年まで」と期限を切って改憲を目指す姿勢をみせたこと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り573文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン