/

この記事は会員限定です

外国人枠拡大の効果・五輪の見通しは

日本協会の東野智弥・技術委員長に聞く

[有料会員限定]

Bリーグは今季、アジア特別枠の導入に加え、ベンチ入りできる外国籍選手を2人から3人に拡大した。かつ外国籍2人と帰化もしくはアジア特別枠の選手が同時にコートに立てるため、選手のポジションも多彩になってきた。日本協会で強化責任者を務める東野智弥技術委員長は「日本人選手の間でも強度の高いプレーが増え、東京五輪に向けて世界に近づいている」と前向きに受け止めている。

――リーグに外国籍選手が増えた影響は。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン