/

この記事は会員限定です

セブン、脱炭素へ1000億円

5年で投資 日米、50年に排出ゼロ

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスはセブンイレブンなど日米約3万のグループ店舗から排出される二酸化炭素(CO2)を2050年までに実質ゼロとする新たな環境目標を設定する。毎年設備投資の5%以上を環境分野に割き、まず5年で1千億円を再生可能エネルギーや次世代技術に投じる。脱炭素の加速を見据え、世界展開する小売業として環境貢献の経営姿勢を鮮明にする。

セブン&アイはグループで年間220万トンのCO2を排出しており国内小売業で最多規模だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り694文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン