/

この記事は会員限定です

シグマアイ代表 大関真之氏

研究者像、事業で変える

[有料会員限定]

「研究者を憧れの存在にしたい」。量子コンピューター技術を開発するシグマアイ(東京・港)の大関真之代表は話す。これまで東北大学大学院の准教授として量子コンピューター技術を研究し、多くの熱意ある学生に出会った。だが研究者としての職は限られ生計を立てるのは難しい。「研究者自らが基礎研究を価値あるものに変えて稼げるようになりたい」。2019年4月、東北大院に在籍したままシグマアイを起業した。

量子コンピ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン