/

この記事は会員限定です

生物にAIカメラ装着

大阪大など行動を撮影

[有料会員限定]

大阪大学や名古屋大学の研究グループは、野生動物に人工知能(AI)を搭載した小型機器を取り付け、行動を観察する技術を開発した。実験ではウミネコがエサを取る瞬間をカメラで撮影できた。動物の生態を解明したり、人間社会との関係を調べたりするのに役立つとみている。

生物に小型機器を取り付けて生態を観察する手法は「バイオロギング」と呼ぶ。

搭載する電池やメモリーの容量に限りがあり、カメラを常に動かしておくわけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り289文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン