/

この記事は会員限定です

対象患者は限定的 浸透に時間

[有料会員限定]

光免疫療法ががんの標準的な治療の一つとして浸透するまでには、時間がかかりそうだ。保険適用に当たって試算された対象患者数は、ピークと見積もられる10年後に年416人。年2万人を超える頭頸部がん患者のうち、実際にこの治療を受ける患者はそれほど多くないと見込まれる。

比較的多くのケースで全身麻酔が必要になるなど、体への負担や副作用に対しても慎重な管理が求められる。国立がん研究センター東病院の田原信頭頸部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン