/

この記事は会員限定です

高所得層は税負担増

[有料会員限定]

今年は所得税の仕組みが大幅に変わった。改正の特徴は「所得が多くなるほど増税になる」(ランドマーク税理士法人の清田幸弘代表税理士)点だ。まず大きいのは給与所得控除。給与所得控除は会社員の必要経費という位置付けで給与年収から差し引くことで所得を圧縮でき、税負担が減る。控除額は年収に応じて計算する。昨年は年収が1000万円超で220万円が上限だったが今年から年収850万円超で195万円が上限となった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン