/

この記事は会員限定です

脱炭素、国際海運で新規則

既存船燃費、新造並みに/1年間の排出実績評価

[有料会員限定]

国際海運の脱炭素化ルールが新設される見通しとなった。既存の船舶について、新造船並みの燃費性能の達成を義務付けるほか、1年間の燃費実績を評価する仕組みも作る。国際海運は世界全体の二酸化炭素(CO2)排出量の約2%で、既存船については国際的な規制がなかった。2023年の発効をめざす。

国際海運の規制ルールは、国際海事機関(IMO)の委員会で近く承認される見込み。日本側の働きかけに応じたドイツ、中国、韓...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン