/

この記事は会員限定です

〈国費解剖〉特別会計にも巨額予備費、年8000億円規模

利用2%、実績踏まえず塩漬けに

[有料会員限定]

国の特別会計(総合2面きょうのことば)で巨額の予備費が塩漬けになっている。日本経済新聞の分析によると、2014~21年度に13特会のうち11特会で毎年度計8千億円前後の予算を計上。平均2%しか使わず、多くを滞留させていた。一般会計の予備費も膨らんでいるのに、特会で無駄に資金を抱え込めば財政効率は悪化する。国民負担を抑えるには支出実績が乏しい予備費を圧縮する必要がある。

予備費は国会審議を経ず、内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません