/

この記事は会員限定です

金融都市・大阪 2本の柱 デリバティブやデジタル証券

[有料会員限定]

日本に世界の金融ハブをつくる「国際金融都市構想」の候補である大阪府で、実現に向けた取り組みが本格化する。吉村洋文知事は18日、官民共同の推進組織を年度内に設立すると発表。デリバティブ(金融派生商品)や先端技術を特徴に打ち出す考えだ。ただ、現状で世界の金融都市との"実力差"は大きく実現性は不透明。温度差がある財界と行政が足並みをそろえられるかも課題だ。

同構想を巡っては菅義偉首相が東京、大阪、福岡の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン