/

この記事は会員限定です

「新卒一括」見直しへ半歩 専門人材、柔軟に採用

政府決定、就活早期化の実態反映

[有料会員限定]

政府は30日、大学生の就職活動を巡り一律で定めてきた日程の見直しを始めると発表した。2026年春に入社予定のいまの大学1年生と大学院に進む学部3年生から対象になる。専門性の高い人材を企業が柔軟に採用できるよう検討する。時代遅れとなった新卒一括採用を改める動きだが改革は途上にある。

関係省庁や経済界による連絡会議で見直しの方向性を示した。現行の就活のルールは企業側の説明会を大学3年の3月、面接など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません