/

この記事は会員限定です

トレーサビリティー、再生プラ製品も

消費者向け、配膳トレーにQRなど 帝人や旭化成導入

[有料会員限定]

再生プラスチックの原料や製造工程などトレーサビリティー(生産履歴の追跡)を消費者に明示する取り組みが広がっている。帝人旭化成などは改ざんが難しいとされるブロックチェーン(分散型台帳)を活用して情報の信頼性を保つ仕組みづくりを始めた。再生プラの需要は増加傾向。使用実態を開示する動きが広がれば、リサイクル市場の健全化につながる。

東京都中野区の居酒屋「豊洲市場 さかな酒場 魚星」では、昼定食の配膳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません