/

この記事は会員限定です

首都圏私鉄、終電繰り上げ続々 線路保守の作業改善

高齢技術者に配慮 コロナ下の客足減で加速

[有料会員限定]

首都圏の私鉄各社が2021年春から、終電を繰り上げる方針を相次ぎ打ち出している。主要ターミナル駅の出発時刻を10~30分程度早め、深夜の保守点検の作業時間を確保する。新型コロナウイルスによる深夜帯の乗客減に対応する狙いもある。JR東日本の終電繰り上げに私鉄各社が追随した形となった。

これまでに私鉄4社が来春のダイヤ改正の概要を発表している。小田急電鉄は小田原線新宿発の終電時刻を最大20分程度繰り上げる。多摩線や江ノ島...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン