/

この記事は会員限定です

国防力「民間頼み」の咎

継戦能力、防衛産業再興がカギ 利益率改善は輸出より先

[有料会員限定]

日本周辺の安全保障環境の悪化を踏まえ、日本の防衛力強化に向けた動きが進んでいる。焦点の一つは、装備や部品を供給する防衛産業の再興を通じた自衛隊の継戦能力の向上だ。政府はこの点を重要項目として掲げるが、長年続く「民間頼み」の咎(とが)が改まる保証はなく、政治の本気度が問われている。

「大事なのは、自衛隊の装備や人員が100%能力を発揮できるよう、防衛産業を防衛力の内側に組み込むこと」。こう語るのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません