/

この記事は会員限定です

曹洞宗建功寺住職・庭園デザイナー 枡野俊明さん

時代は禅を求めている(4)

[有料会員限定]
 1982年、庭園設計・ランドスケープデザインを手掛ける日本造園設計(横浜市)を設立した。

本格的に庭園デザインをやるには専門の組織をつくった方がいいと考えました。建功寺の中に私のアトリエがあり、朝の8時すぎから昼食の時間まで手描きでデザインをします。それをスタッフがCAD(コンピューターによる設計)で設計図にし仕上げてくれます。

2001年に建功寺の住職になりました。私の中では、住職であること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン