/

この記事は会員限定です

ドイツ取引所、ISS買収

議決権助言会社の株8割取得、ESGデータ事業強化

[有料会員限定]

【ロンドン=篠崎健太】ドイツ取引所は17日、米議決権行使助言会社のインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)を買収すると発表した。背景には、データ事業が取引所ビジネスの主戦場になっている現状がある。ドイツ取引所はESG(環境・社会・企業統治)関連のデータ需要が高まるなか、ISSの買収で情報事業を強化する。

ISSは1985年創業の投資情報会社で、業績や企業統治などを分析して議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り947文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン