/

この記事は会員限定です

各行、取引先支援急ぐ

成否、銀行の業績左右

[有料会員限定]

新型コロナウイルスで経営が悪化した取引先への資金繰り支援が一服するなか、九州・沖縄の地銀では取引先が借入金を返済するための経営立て直しの支援が課題となる。各行はより効果的な支援の実施を急ぐ。

西日本シティ銀行大橋駅前支店(福岡市)では法人取引先の8割近くが借入金の返済や事業の方向性を模索している状況だ。月1~2回、担当者が各取引先の経営者と対話を重ねる。山根勇樹次長は「利益と事業をどう伸ばすかのす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン