/

この記事は会員限定です

ボージョレきょう解禁

コロナ下、輸入量2割減

[有料会員限定]

フランスのボージョレ地区で醸造したワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の発売は19日、解禁日となる。酒類大手は新型コロナウイルスの流行を背景に外食向けの需要減を想定し、前年より輸入量を約2割減らした。各社はビーガン(完全菜食主義者)に対応したタイプなど多様な商品を用意し、巣ごもり消費を取り込む。

ボージョレ・ヌーボーは輸出先の半数を日本が占める。2019年は41万ケース(750ミリリットル12本換...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り224文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン