/

この記事は会員限定です

法人ETCカード拡販 道内20信金に委託めざす

道央情報サービス協同組合、手数料ルール配慮

[有料会員限定]

道央情報サービス協同組合(札幌市)は法人向けETCカードの販売で地場の金融機関の販売委託先を広げる。手数料の支払い対象を広げ、地銀2行だけでなく信用金庫の委託先を開拓する。受託する金融機関サイドのメリットをPRし、将来は道内にある全20信金への販売委託を目指す。

同組合にはバス会社などの運送事業者が加入しており、加入費を支払うとガソリンやETC車載器を割安で購入できたり、税務相談を受けたりできる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン