/

この記事は会員限定です

余剰在庫、年間15億点

専門家「業界構造の見直しを」

[有料会員限定]

コンサルティング会社のローランド・ベルガー日本法人の調査によると、アパレルの余剰在庫は年間約15億点にも及ぶ。

アパレル業界に詳しい同社の福田稔さんは「製造した服の4割が売れ残り、在庫や廃棄につながっている。再利用されることは良いことだが、供給過剰の業界構造そのものを見直す必要がある」と指摘する。

経済産業省によると、国内の衣料品市場規模は1991年から2017年で3割縮小したが、供給量は8割近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン