/

この記事は会員限定です

三菱電機会長 柵山正樹(3)

志岐守哉さんの色紙

[有料会員限定]

大学院ではトライボロジー(摩擦・潤滑学)を研究していた。どうせやるなら最も難しい発電機の軸受けに挑戦したいと考えて1977年、三菱電機に入社した。希望していた大型タービン発電機の開発部門に配属された。

初任地は神戸製作所だった。志岐守哉副所長(後に社長、会長)はタービン発電機の大先輩だ。残業を済ませて会社を出ると、健康保険組合の施設で食事を済ませた先輩たちが志岐さんの家に向かうところに出くわした。私も一緒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り637文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン