/

この記事は会員限定です

京成電鉄、一時2%高

純利益上振れを好感

[有料会員限定]

28日の東京株式市場で京成電鉄株が上昇し、一時前週末比60円(2%)高の3845円をつけた。25日に2023年3月期の連結最終損益が257億円の黒字(前期は44億円の赤字)になる見通しと発表。従来の会社予想を70億円引き上げたことを好感した買いが集まった。

終値は30円(1%)高の3815円となり、約3週間ぶりの高値となった。日経平均株価が続落となるなかでは堅調に推移した。売買代金は前週末比1....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません