/

この記事は会員限定です

(政策を聞く<温暖化対策>)炭素税の導入も有効

公明・元環境相 斉藤鉄夫氏

[有料会員限定]

環境相のとき2030年の温暖化ガス削減目標の作成に携わった。30年度に13年度比26%削減という目標は当時非常に難しいと思った。菅義偉首相が掲げた50年に排出量を実質ゼロにする目標はそれよりも野心的だ。実現には覚悟がいる。

技術的にみて目標達成には水素社会の構築が欠かせない。再生可能エネルギーや原子力から水素をつくり、燃料などとして使うことが求められる。火力発電所などから出る二酸化炭素(CO2)を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン