/

この記事は会員限定です

北陸新幹線「敦賀開業」工期短縮が焦点

有識者委が初会合

[有料会員限定]

国土交通省は17日、北陸新幹線金沢―敦賀(福井県敦賀市)の工期短縮に関する有識者委員会の初会合を開いた。国交省は同区間の延伸開業が2023年春から1年半遅れるとの見通しを示し、与党が再検討を求めていた。12月上旬までに中間報告を取りまとめる予定で、開業の遅れをどの程度取り戻せるかが焦点となる。

座長の森地茂政策研究大学院大名誉教授は「開業が遅れるといろいろな影響がある。(建設主体の)鉄道建設・運輸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン