/

この記事は会員限定です

1日 国税の決済アプリ納付開始

30万円までスマホで完結

[有料会員限定]

所得税や贈与税といった国の税金が12月1日から、スマートフォンの決済アプリを使って納められるようになる。地方税では自動車税などの導入例があるが、国税では初めて。アプリの残高から納税額を差し引く方式で、一度に納められる上限は30万円に設定する。主に会社員などによる副業収入のケースが想定される。

対象となるアプリは「PayPay(ペイペイ)」「d払い」「auPAY」「LINEPay」「メルペイ」「A...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1315文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません