/

この記事は会員限定です

スーツに見る英国の変化 国王と首相 装い対照的

中野香織

[有料会員限定]

チャールズ3世が9月に英国王となって間もなく、10月にリシ・スナク氏が同国首相となった。この2人のスーツスタイルが、今日的な対照をなしている。

英国王室メンバーは伝統的にそれぞれの個性に応じたスーツの規範を示してきた。チャールズ3世も例外ではなく、皇太子時代からダブルスーツを好み、ポケットチーフやブトニエール(ボタン穴飾り)も含む華やかなVゾーンを演出してきた。ファッション産業の支援や地球環境保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません