/

この記事は会員限定です

曹洞宗建功寺住職・庭園デザイナー 枡野俊明さん

時代は禅を求めている(2)

[有料会員限定]
 1953年、横浜市に生まれた。建功寺の前住職、枡野信歩さんの長男。「庭」に目覚めたのは小学校5年生のときだ。

生まれ育った建功寺は山寺。周りの低い土地は田んぼで、小高いところは畑、あとは森でした。民家は見える範囲で10軒程度しかありませんでした。子どものころは、木に登ったり、山に秘密小屋をつくったりと、自然と毎日、ふれあう生活をしていました。晩秋には、寺で1年間使う薪(まき)づくりをやらされま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン