/

この記事は会員限定です

中国、環境車保護が鮮明 RCEP合意

EV素材は16年目に関税撤廃

[有料会員限定]

日本と中国は東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)協定に署名し、互いに市場開放を進めることになった。政府が明らかにした関税の撤廃品目からは、環境車など中国側が守ろうとしている品目、日本の技術を生かしたい分野が明らかになってきた。日本企業の間には即座に輸出拡大につながらないとの見方も出てきている。

合意内容をみると、現行の中国側の関税率がそれほど高くないものは発効と同時になくすケースが多い。即...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン