/

この記事は会員限定です

関経連会長「敦賀延期で効果減」

[有料会員限定]

関西経済連合会の松本正義会長(住友電気工業会長)は16日の記者会見で、北陸新幹線の敦賀延伸が1年半ほど遅れる見通しとなったことについて「非常に残念。(前倒し開業による)経済効果が減ずるのは確か」と発言した。一方で「上の方が滞っているなら、2022~23年に敦賀から新大阪までの工事を始めればいい」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン