/

この記事は会員限定です

出口なき介入で歪む市場

論説主幹 原田亮介

[有料会員限定]

ウクライナ危機による物価高などの打撃を緩和する政府の対策が目白押しだ。ガソリンや電気・ガス料金を抑える巨額の補助金が用意され、中小企業支援ではコロナ融資に最長10年の借り換え保証も行われる。緊急避難なのに出口が不透明で「過保護」は新陳代謝を阻む懸念がある。

巨額の財政出動は今に始まったことではない。コロナ禍当初も、家計に特別定額給付金、事業者に持続化給付金を支給した。今回の物価高対策は、エネルギ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1944文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません