/

この記事は会員限定です

伊豆観光 MaaSで回復

東急やJR東が実験 女性客に照準、商品125種/交通予約・決済スマホで

[有料会員限定]

東急は16日、静岡県伊豆地域でJR東日本などと次世代移動サービス「MaaS(マース)」の実験を始めた。観光商品は前回実験の約6倍の種類を用意。運営会社が異なる交通サービスの予約や決済をスマートフォンで完結できる。コロナ禍で打撃を受けた観光の回復につなげる。

実験は2019年12月から今年3月までの前回に次ぐ第3弾。今回は観光振興に目的を絞り、主に20~30歳代の女性観光客に照準を合わせる。1泊2日の短期の観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン