/

この記事は会員限定です

塩野義社長「インフル薬並み普及を」 コロナ飲み薬承認で

ワクチンの承認申請

[有料会員限定]

塩野義製薬の手代木功会長兼社長は24日、新型コロナウイルス治療薬「ゾコーバ」が厚生労働省から緊急承認を取得したことを受け、東京都内で記者会見した。ゾコーバについて、「ゴールはインフルエンザ薬のようにかかりつけ医が処方し、普通の生活の中で使える薬だ」と述べた。今後も有効性や安全性に関するデータ収集を進め、医療現場で選択される薬を目指す。新型コロナワクチンについても同日、厚労省に製造販売の承認を申請...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません